FC2ブログ

STAY HOME



この下はグチです。ごめんなさい。
読んでもいいよっていう方だけ、スクロールしてやってください。
ほんと、すみません・・・・。



























人口密集地の阪神間に住む私は、今が踏んばりどころだと思っています。
だからもう1ヶ月以上、写真を撮りに行っていません。
たとえ車で一人で出かけたとしても
トイレ休憩に寄ったサービスエリアでは人と出会うだろうし
不意に地元のおじいちゃんおばあちゃんに出くわすこともあるかもしれない
と思うからです。

けれど、今でも観光自粛要請が出ている地域へ撮影に出かけている人もいます。
人それぞれ、考え方もそれぞれだけれど。

「今年は自粛をし信州の桜を一枚も撮影しなかったけれど、来春はたくさんの桜と笑顔に会いに行こう。」
辰野清氏の言葉です。

写真を撮ること、教えることを生業にしておられるプロの写真家の方が自粛なさるという意味は、
ただの趣味で撮影しているだけの私と違って、とてもとても重い。
そう思います。

コロナが思い出話になって、また前のように写真展が開かれるようになったとき
そこに展示されている写真が「2020春」の写真だとしたら
どんなに素晴らしい風景であっても、素直に素晴らしいと言える自信が私にはありません。